学童保育にはさまざまな魅力があります

学童保育の魅力とは

学童保育は母親が就労していて家に誰も居ない状況の際に、学校が終わった後の子どもを預かってくれる制度で、民間の運営するところと自治体が運営するところがあります。全国各地に見られますが、やはり都心部にいくほど保育園同様待機児童が増え、母親の就労状況の条件も大きく関わってきます。
シングルマザーですと割引が適用されるケースも多く、自治体運営のところはなら月額3000円前後、民間は月額1万円前後と大変手軽な価格で利用することができます。一時期問題視されたカギっ子をなくす役割だけでなく子どもの精神的な状態を健やかにする役割を担っています。宿題をする習慣がしっかりとつくというメリットや、おやつなどの軽食も提供されるので親にも子どもにも嬉しい制度と言えるでしょう。
しかしながら、やはり施設の環境や人間関係によって合う、合わないが出てくる部分がありますので、子どもの意見を尊重しつつ、しっかりとした管理体制を持つところを選ぶ必要があります。
低学年あたりの子どもを持つ働くお母さんには大変ありがたい学童は、家計にも優しく子どもの身心も育まれる制度です。イベントも割りとたくさんあるので、是非じっくり検討なさって下さい。

学童保育で子供の成長を促す

専業主婦ではなく働きに出ているお母さんにとって魅力的なのは、学童保育の存在です。子どもが小学校にあがったばかりのころは、まだまだ手がかかります。しかし、仕事をしていたらずっとは面倒を見ていられません。そこで、小学校が終わった後の放課後に利用する学童保育に関心を持ちます。
学童保育は公設だけに限らず、民間の施設もあります。そのため、学童保育の選択肢はひとつだけに限りません。民間の学童保育では、運動系や知育系の習い事が多数揃っていたり、自宅までの送迎があったりなど、費用はかかるかもしれませんがその分サービスはとても充実している場合があります。学校が終わった後子どもをさらに良い環境で成長させたい、また、自分の仕事が終わるまで面倒を見て欲しいなどそれらのために学童保育を利用する親もいます。
今は核家族化がすすんでいますので、子どもが帰宅しても誰も家にいなかったりします。それでは不安でさみしい思いをさせてしまいますし、防犯上もあまりよくありません。また、子どもを成長させるような教育もできなくなってしまいます。しかし、学童保育を利用すればそうはなりにくいですし、子どもが退屈しない環境を与えてあげられます。ですので、学童保育は子どもの成長を促すことを期待できます。

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめの記事

学童保育の現状と実際のサービス内容

学童保育とは 学童とは一般的に、小学校1年生~小学校6年生までの6歳~12歳くらいまでの年齢を指します。小…

詳細を読む

学童保育にはさまざまな魅力があります

学童保育の魅力とは 学童保育は母親が就労していて家に誰も居ない状況の際に、学校が終わった後の子どもを預かっ…

詳細を読む

学童保育の利用の仕方

仕事と子育てを両立できる学童保育 仕事と家事家庭との両立、これが容易ではない現実というのがあります。子供が…

詳細を読む

コンテンツ一覧

2017年06月06日
学童保育の利用の仕方を更新しました。
2017年06月06日
学童保育にはさまざまな魅力がありますを更新しました。
2017年06月06日
学童保育を受けさせるメリットもを更新しました。
2017年06月06日
学童保育の現状と実際のサービス内容を更新しました。

Copyright(C)2017 現代に必要不可欠な学童保育 All Rights Reserved.