学童保育の利用の仕方

仕事と子育てを両立できる学童保育

仕事と家事家庭との両立、これが容易ではない現実というのがあります。子供が小さいときはどうしても母親が面倒を見ることになっていたかもしれませんが、小学校になるという年齢でのタイミングで仕事を始めたいという主婦は多くなります。
また子供が小さいときから保育所を利用して仕事を継続してきたのであれば、子供が小学生になっても、その仕事を続けたいという思いになるのではないでしょうか。そのため学童保育の申請をする人たちが増えており、地域によっては希望者がかなりの数になるために、待機児童という問題が出るほどになっています。
学童保育は小学校の授業が終わった後、つまり放課後に子供の面倒を見てくれるところであり、子供たちの安全、そして健康管理をしてくれるところです。親は自分が仕事から帰ってくるまで、子供がそこで保護されているということで安心して仕事をすることができるのです。
そして子供にとっても、そのような学童保育によって、いろいろな遊びをし、そこから学ぶことは多く、自主性や社会性などを培う機会にもなっています。政府は女性の労働力そして仕事と家庭の両立を課題として挙げており、この学童保育の充実はその点で不可欠なものとなっています。

どのような人が指導員をしているのか

学童保育の指導員は学童保育を利用する子どもたちの見守り、宿題の手伝いや、おやつの管理などを行います。子どもたちからは「先生」と呼ばれることが多いですが、教職員ではなく、委託を受けたパートの職員などが担当します。
学童保育を行なっている公立学校での指導員求人は市役所を通じて公募されます。就職希望者はまず市役所で登録を済ませ、求人を待つことになります。雇用形態はパート・アルバイトという区分になるので、時給制がとられている自治体がほとんどです。
そして、教職とは異なり、教員免許の必要はありません。また、特定の学問について専門的な知識を持っている必要もありません。ですが、保育士免許など、子どもの世話をするのに必要、もしくは便利な資格などがあれば採用の際に有利になったり、時給などの待遇が良くなる場合があります。
指導員に求められるスキルとしては、まずは子どもの世話がきちんとできるということ、そして、ある程度の障がいについても知識が必要になる場合があります。近年は障がいをもった子どもを対象とした放課後デイサービスなどのサービスもありますが、学童保育を利用する子どもも少なくありません。あらかじめどんな子どもがいるのか、その子どもの特性についても知って勉強する必要があります。また宿題指導も行うため、小学校レベルの問題は教えられるよう復習が必要です。

カレンダー

2017年10月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめの記事

学童保育にはさまざまな魅力があります

学童保育の魅力とは 学童保育は母親が就労していて家に誰も居ない状況の際に、学校が終わった後の子どもを預かっ…

詳細を読む

学童保育を受けさせるメリットも

子供の安全を守ってくれる学童保育 学童保育は日中保護者は家庭にいない小学生を見守り、遊び場や勉強場所などを…

詳細を読む

学童保育の現状と実際のサービス内容

学童保育とは 学童とは一般的に、小学校1年生~小学校6年生までの6歳~12歳くらいまでの年齢を指します。小…

詳細を読む

コンテンツ一覧

2017年06月06日
学童保育の利用の仕方を更新しました。
2017年06月06日
学童保育にはさまざまな魅力がありますを更新しました。
2017年06月06日
学童保育を受けさせるメリットもを更新しました。
2017年06月06日
学童保育の現状と実際のサービス内容を更新しました。

Copyright(C)2017 現代に必要不可欠な学童保育 All Rights Reserved.