学童で生徒を預かる際に必要な免許とは?

学童で生徒を預かる際に必要な免許とは?

学童保育を利用する家庭は年々増えてきています。核家族化が進み、保護者が子供の学校が終わる時間に帰宅していない家庭が多いからです。安心して子供を預けることができる場所として学童は重要な役割を果たしています。最近では学童で働くために免許を取得しようとする人が増えてきていますが、どのような免許が必要か知らない人もいることと思います。そこで今回は学童保育で生徒を預かる際に必要な免許や、気になる仕事内容などについて紹介します。
そもそも学童保育とは、日中仕事などで家に保護者がいない生徒を放課後預かり、宿題や遊びを通して健全な育成ができる場所のことを言います。幼稚園・保育園には学童というものがなく、小学生限定の場所です。これまでは一人で留守番をさせることが心配な小学3年生までの低学年が対象の所が多かったのですが、2015年からは小学生全員が利用対象に拡大されています。学童クラブ、放課後児童クラブ、民間学童保育などと呼ばれていることが多く、小学校の敷地内や近くにあり、公民館などの公共施設を利用して実施されています。
この学童保育で生徒を預かる際に必要な免許は、2015年以前には特にありませんでした。しかし、より安全に、そして生徒一人一人に合った育成ができるようにと2015年度から「放課後児童支援員」という免許を取得している人を配置することが義務付けられています。この資格がなくても働くことは可能かもしれませんが、あくまで補助という形になるので、メインで生徒を預かる人は放課後児童支援員ということになります。

免許を取得する方法とは?

放課後児童支援員には誰でもなれるわけではなく、免許を取得するには一定の条件をクリアすることが必要です。保育士または社会福祉士の資格を所有している人、高卒以上で2年以上児童福祉事業に従事している人、幼稚園・小学校・中学校・高等学校等の教員資格を持っている人、大学もしくは大学院で社会福祉学・心理学・教育学・社会学・芸術学・体育学を専修する学科を修めて卒業した人などがありますがこれ以外の条件もあり、どれか1つを満たせば研修を受けることができるようになっています。そしてこの条件を満たし、一定期間研修を受けることで放課後児童支援員の免許を取得することができるようになります。この研修は市町村によって開催時期が違い、自分が受講したい都道府県のHPで確認することができます。地域によっては研修を受講できる資格に少し違いがある所もありますので必ず確認するようにしましょう。
学童についての理解や、生徒との接し方、放課後児童支援員として求められている役割、生徒が安全で安心して過ごすためにどうすればいいのかなど6分野16科目の研修を受ける必要があります。研修は毎日開催されるわけではなく2から3カ月間をかけてゆっくりと研修を受ける場合もあります。保育士や教員免許がある方は一部研修の免除制度などもあります。研修を受けるには必要条件をクリアしていることを確認し、保育実施場所に問い合わせるか、都道府県に問い合わせ、申し込み用紙に必要事項を記入するようになっています。

放課後児童支援員の仕事内容とは?

最後は放課後児童支援員が行う仕事内容についてご紹介します。仕事の流れは、生徒が到着したところから始まり、まずは学校から出た宿題を取り掛かるよう指導します。そして宿題が終わった後はおやつタイム、最後は自由遊びをして帰宅時間になったらお見送りを行います。家庭の事情などで延長保育を利用している生徒もいますので、全ての生徒が同じ時間に帰宅するわけではありません。それ以外の仕事は生徒が学童でどのように過ごしているのか保護者と連絡帳などで報告をして、学校と連携することで生徒の成長に不安を感じている点や注意点などを共有することができるようになっています。
そして放課後児童支援員が学童にいる業務補助者などへ生徒への対応についてアドバスすることも大切な仕事の一つです。一部の学童では定期的に遊びや調理実習などを通していろいろな学年とコミュニケーションを図ることや、協調性を育てることを行っている所もあります。このような行事の計画を立てることも仕事の一つです。放課後児童支援員は単純に生徒を見守っているだけのように感じてしまうかもしれませんが、生徒が健やかに成長できるようしっかりと一人一人に合ったサポートを行っています。健康面だけではなく、精神面や協調性、自主性など学校以外の場でも生徒が成長できるように支援する人になります。
学童は生徒にとっても保護者にとってもとても大切な場所で、今後ますます子供が成長できる場として注目されるところになっています。その場所に欠かせないのが放課後児童支援員で、受験条件が比較的緩やかで、研修のみで免許を取得できる点などから今後ますます取得者が増えることでしょう。学歴や資格に関わらず免許を取得することができるので、仕事内容に興味を持たれるようであれば検討してみる価値がある免許です。

カレンダー

2018年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめの記事

学童保育を利用する前に知っておきたいデメリット

さまざまなタイプの学童保育がある 共働き世帯が増えている中、保育園に子どもたちを預ける家庭が大半ですが、小…

詳細を読む

学童保育にはさまざまな魅力があります

学童保育の魅力とは 学童保育は母親が就労していて家に誰も居ない状況の際に、学校が終わった後の子どもを預かっ…

詳細を読む

学童保育の現状と実際のサービス内容

学童保育とは 学童とは一般的に、小学校1年生~小学校6年生までの6歳~12歳くらいまでの年齢を指します。小…

詳細を読む

コンテンツ一覧

2017年12月26日
学童の中にもいじめ問題があるのを知っていますか?を更新しました。
2017年12月26日
学童を利用するにあたっての利用条件についてを更新しました。
2017年12月26日
学童保育を利用する前に知っておきたいデメリットを更新しました。
2017年12月26日
学童で生徒を預かる際に必要な免許とは?を更新しました。
2017年06月06日
学童保育の利用の仕方を更新しました。
2017年06月06日
学童保育にはさまざまな魅力がありますを更新しました。
2017年06月06日
学童保育を受けさせるメリットもを更新しました。
2017年06月06日
学童保育の現状と実際のサービス内容を更新しました。

Copyright(C)2017 現代に必要不可欠な学童保育 All Rights Reserved.